Pocket

小型船舶の免許は一昔前は4級船舶を取得するのすら2週間ほどの実地と座学が必要でしたが、現在は簡素化され、免許の種類も1級、2級(船で行ける範囲が変わります。個人的には2級で充分かと)とジェットスキー用の特殊の3つになり、2級と特殊なら3~4日、1級と特殊なら5~6日の講習と実地で取得することができるようになっています。

近場だと、玄界灘に出れば波が荒く、博多湾も大型船の通行量も多いのであまりクルーズ向きとはいえないのですが、能古島周辺やちょっと距離はありますが、長崎県の大村湾などは波もなく穏やかで快適です。

レンタルボートも近年は充実しており、設備の面でもトイレや魚探が装備してあるものがほとんどです。

昨今車離れなんて言われていますが、船離れも深刻です。

船舶を操縦するということはたとえ乗員が自分一人でも船長としての責任と義務が生じます。

しかし、船上から花火大会はきれいですし、釣りも自分で操船して自分だけの釣り場を探す楽しみもあります。なにより船を走らすという喜びがあります。

ぜひマリンシーズンに向けてボート免許の取得にチャレンジされてみてはいかがでしょうか?